「お義母さん……ガマン出来ません!」優しい義母に私は好感を持っていた。嫁の都合で2人きりになった時、間違いが起こった。《君島みお》